ファッションロングレインコート受け入れ基準2:縫製基準:

- May 21, 2018-

1。      ライン:狭くて均一で、ジャンプ針がなく、浮遊ラインがなく、入口と出口の針が5針で、4cmあたり12針以上である。 直線は真っ直ぐであり、曲線は滑らかであり、二重線の幅は0.5cmに維持され、縫い目は剛毛を露出させることなくしっかりと包まれる。 スレッドの頭部は0.5cmを超えてはならず、短くなります。
2.ハット体:ダブルニードル縫いは、入針材料と出針針材料の位置合わせが必要です。 必要に応じて様々なカテゴリがシールに送られ、商品の数がマッチします。
3.ハット:モールドラインのサイズに応じて滑らかな縫製、中点から中間点、曲線の滑らかな; ラフトリムは定位置にあり、エッジにフリップして滑らかに保ちます。 各バッチ前後のキャップ数を決定し、一致するアイテムの数に応じて帽子作業員に通知します。

4.カバーを縫う:品種に応じて、布の数のカバーの前後に明確に商品の数は、布の縫製を折るために; 左右のフロントマスクの数を分け、左右のフロントマスクとリアマスクにマスクの位置を2cm横1cmになるように配置します。 フロントマスクはマザーマスクを覆い、反対側はパブリックマスクであり、以下はマザーマスクです。 上記はパブリックマスクです。 4つの側面を所定の位置に覆い、貨物番号を書いてください。
5.帽子をかける:帽子の中点は、レインコートの裏側のページの中間点です。 サイドコーナー材:サイドコーナー材の幅が0.5cmを超えないようにし、余分な部分を剪定する必要があります。
6.最初のページ:左右に区別された品種と貨物番号に応じてカバー布を縫い、布に縫い付けます。 フロントページの縫い目を太い線で縫製し、タイムリーに品物の名前を書いて次のプロセスに知らせる。

7.前のページ:対応する後ろのページ、カバー布、帽子、および品種と貨物番号による生産へのエントリを検索します。
8.後ろのページ:縫い目、逆さまな縫い目、中間点から中間点、およびボタンホールを基準にしないでください。 後ろのページの残りの部分をトリムします。
9.エアロッド:ラインは圧力ラインを横切っていません。 各レインコートは2本のエアロッドを縫い付け、5本のステッチを輸出入します。
10.明るいフィルム:工場の規則に従って、対応するフィルムを縫います。
11.ウサギの耳:縫製しないで、縫いつけないで、両側の幅は一様でなければなりません。 線は幅4と長さを持つ長方形を形成します。
反射ストリップ/警告テープ:正と負、反射面を区別する。 縫製しないでください。
13.清潔さ:無公害、油汚れなし、縁なしでサイド布をトリム。
14.様々な部品を左、上下、前後に、方向の内側と外側に縫うことはできません