子供のレインコートをデザインする際の注意点

- Jul 16, 2018-


現在の生活では、時代の変化に伴い、需要は徐々に増加しています。 人々はまた、彼らの子供たちについて非常に心配しています。 彼らは食べることに非常に注意を払っています。 彼らは自分のレインコートや傘を準備するために雨の日には落ちません。 子供たちが仲良くなれば、子供たちは色彩豊かなものにもっと興味を持っていることがわかります。主な理由は、ほとんどの子供たちのために世界が色彩豊かであるからです。 そのため、特に子供用の製品である子供用レインコートは、子供の好みを引き起こす可能性があるいくつかの一般的な色のデザイン要素でデザインする必要があります。 子供のレインコートのデザイナーは何をすべきですか? Eva man raincoat.jpg

衣服の色は子供の心理学にも影響を及ぼすため、0歳から2歳までの幼児や幼児の視覚神経はまだ完全には発達しておらず、色は完璧ではないため、世界の色は主に白です。 デザイナーは、服をライトブルー、ライトピンク、ミルクイエロー、その他の性別によってデザインする必要があります。

彼らが2〜3歳になったら、視覚神経発達はいくつかの色を認識し、明るい色に敏感になります。 彼らがますます大きくなるにつれ、子供の知性も高まります。 現時点では、4色以上の色を認識でき、暗い色と明るい色を区別できます。 したがって、レインコートを含む衣服の色を選択する際には、大胆にできます。 ソリッドカラーでもカラーブロックでも、鮮やかで美しい色を実現します。

加えて、子供の服の色は、特定の子供のレインコートの保護においても役割を果たす。 子供の心理学の発展に有益であるだけでなく、雨の日の交通事故を避けることができます。 夜間に頻繁に出かける子供たちは、反射素材と蛍光素材をドレスカラーで着用し、歩行者や乗り物に注意を払い、気を付けるのは簡単です。